2010年01月24日

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件を受け、幹事長の「表向きの仕事」を小沢氏に任された輿石東(あずま)幹事長職務代行(参院議員会長)。73歳にして党務NO2に上り詰めた「日教組のドン」は、小沢氏の擁護に向け、さっそく党内を走り回っている。

 輿石氏は19日午前、東京・赤坂の小沢事務所に駆けつけ、小沢氏に「党は一致して支える」と伝えた。その後、集まった記者団に、自身のホームページに寄せられた小沢氏激励のメールのコピーを配布してみせた。

 「小沢一郎は日本の宝です」と書かれ、「自民支持者がネット等で名前を変えたり、複数の端末を使い、さも多くの国民が非難しているようにしたりします」と自民党による世論操作を勘ぐる内容もあったが、輿石氏は同じものを18日の政府・民主党首脳会議でも配布した。

 一方、小沢氏は19日午後、衆院本会議に出席したが、途中で議場を抜け出して国会内で羽田孜元首相と会談。羽田氏が「オレとお前は一心同体だ。羽田グループとして全力で支える」と激励すると、小沢氏は「ありがとう、ありがとう」と繰り返したという。

【関連記事】
小沢幹事長が輿石代行と会談 党代議士会では笑い声も
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
辞任論封じ込めへ小沢幹事長、特捜尻目に参院選へ気勢
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
小沢氏、幹事長続投へ 「戦いに専念」、職務は輿石氏が代行

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)
首相「不起訴望む」発言、民主党内にも波紋(読売新聞)
岡田外相、外国人看護師雇用へ試験改善=難解な漢字、合格阻む(時事通信)
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 04:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。