2010年05月27日

全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)

 全日本病院協会のシンクタンク「全日病総研」が近く公表する初のリポートの概要が明らかになった。リポートは、医療機関の運営コストである「ホスピタルフィー」に関するもので、東邦大の長谷川友紀教授に調査を委託した。全日病のホームページに掲載される。

 リポートでは、医療費原価と診療報酬や、米国、オーストラリアと日本のホスピタルフィーなどを比較。その結果、▽診療報酬は医療費原価を下回っており、入院より外来で著しい▽米国、オーストラリアに比べ、日本の平均在院日数は長い傾向にある―などと指摘している。


【関連記事】
診療科の収支、10年改定で反映か
2010年度診療報酬改定で中小病院は?
療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書

ワクチン接種、22日午前にも開始=宮崎の口蹄疫(時事通信)
防火講習「見直し」判定=受講料や内容に問題―公益法人仕分け(時事通信)
<小沢幹事長>参院選マニフェスト先延ばし 高嶋氏と一致(毎日新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
posted by ミヤマエ ノブユキ at 16:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。